読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病元公務員の毎日

2月までの記事はうつ病で精神錯乱しているゴミカス異常者(私)のゴミ記事なので閲覧注意。

【1ヶ月目】ゴミカスがブログで稼ごうと思ってからの結果報告

f:id:kindamu:20170402180434j:plain

どうもこんにちは。

 

うつ病引きこもりのkinです。

 

早いもので「このブログでお金がほしいなあ・・・」とか思ってから、1ヶ月が過ぎました。(正確には3月6日からだから「」1ヶ月)

 

とりあえず、うつ病で無能でゴミクズでめんどくさがりで社会不適合者何でブログで収入を得ようと思ったのか、1ヶ月ブログで収入を得るためにしたこと、その結果、気づいたこと等を1ヶ月の区切りとして記録に残したいと思います。

 

※物凄い自分語りが含まれるので閲覧注意です。

f:id:kindamu:20170306115428p:plain

 

 

1ヶ月目のPV数と収益

 

誰も気にしないこのブログの今月のPV数と収益を公開します。

f:id:kindamu:20170402180634p:plain

画像の通り、

 

8,553PV(3月6日~3月31日)

 

でした。

 

そして、肝心の収益の方は

 

・Google Adsense(3月20日~3月31日)・・・1,500円くらい
・アクセストレード・・・2,300円
・楽天・・・200円くらい?(消費税やら手数料やら引かれないと230円)

 

・合計・・・4,000円くらい

 

・・・しょっぺえwwwww

 

アドセンスは正確な金額を書くとアカウントが停止される?的なことを読んだのでくらいで表示してます。

 

楽天も手数料やら消費税やらで色々引かれるらしいので大体で書いてます。(めんどくさいので計算はしていません。)

 

ツイッターとかで色んな人のツイートやら運営報告やら見させていただいているのですが、「1日○○万PVいった!」とか「先月の収益××十万だった。」とか、つぶやく人がザラに見るわけですよ・・・


もうね、皆さん神ですか?神多すぎませんか?


見る人見る人最強すぎてただ自分のゴミクズさ無能さに腹が立ちます。

 

腹が立つだけで頑張れてないです。

 

ゴミクズなので・・・

 

すごい人達ばかりでやる気が・・・。泣

f:id:kindamu:20170402183501p:plain

 

 

 

ブログで収入がほしいって思ったきっかけ

月間アーカイブを見てもらえれば分かると思うのですが、僕は去年から(特に12月から)ブログを書いていました。

 

といっても現実の絶望とか、自分の無能さを嘆いている思いをただ文章にしただけの見るに耐えないゴミ過ぎる内容です。(これも見てもらえれば分かります。)

 

そんな記事ばっかり書いていたのですが、3月にはいって「Google Adsense」の存在を知りました。

 

恐ろしく今更ですね。(ゴミ

 

それまで、アフィリエイトって「物を紹介してそこから買ってもらって報酬が入る」としかイメージがなかったのです。(ゴミ

 

自分無職だし、紹介できるようなもの買えないし、持ってないし。とか思ってました。(クズ

 

しかし、あるとき「Google Adsense」の存在を知って、「広告をクリックしてもらえるだけでお金がもらえる?」「これならいけそうじゃね?」「いっちょやってみっか!」と、アホ丸出しの考えに至ったわけです。(アホ

 

まあ全然いけそうじゃなかったんだけど!!!!!!!!!!!!泣

 

 

実際にこの1ヶ月でやったこと

はてなブログproにした 独自ドメインを取得した

兎にも角にもGoogle Adsenseに申し込まなきゃいけないって事で、はてなブログproにして、独自ドメインを取得しました。

 

はてなブログproに申し込んだのが3月6日なので、PV数が3月6日からになってます。

 

1年契約とかで申し込むのが普通だと思いますが、僕は1ヶ月契約で申し込みました。

 

かなりの飽き性、めんどくさがりなので、絶対途中で投げ出すと思っていたのと、どうせ稼げずに終わるだろうって思ったからが理由です。(すでに投げ出したくなってます。)

 


Google Adsenseの審査に申し込んだ

もうこれは賭けだったのですが、独自ドメインを取得した直後(つまり、ゴミカスな記事しか書いていない状態)に審査に申し込みました。

 

事前に色々調べてて、審査の難しさにビビリまくっていましたが、「審査中にまともな記事書けば運良くいけるかも?」とか「ダメだったら全て終わりにしよう。」とかアホ丸出しなこと考えていました。(アホ

 

結果、運が良かったからかどうかは分かりませんが、申し込んでから2週間後、3月20日に審査が通りました。

www.utubyoukoumuin.com

 

アドセンスの収益が3月20日~となっているのは審査が通ったのが20日だったからです。

 

どんな記事を書いていくべきだと思ったのか

広告をクリックしてもらうためにはPV数を上げなければならない。

 

その為には皆に見てもらえるような記事を書く必要がある。

 

まあ至極当然のことですよね。

 

ですが僕は「うつ病で無能でゴミクズでめんどくさがりで大した趣味もく人に誇れるような知識も無い社会不適合者」です。

 

皆さん以上に知っている知識は何1つありません

 

そんな僕でも書ける記事といったら「トレンド」ならかけるんじゃないかな?

 

そう思ってトレンド記事を書くことにしました。(数記事ほどトレンドじゃない記事もありました。)

 

記事を書くにあたって気をつけたこと

僕は1ヶ月は飽きないように、投げ出さないように頑張るという制約を課してました。(絶対に払いたくなかったお金を払ったからです。)

 

物凄い飽き性、めんどくさがり屋の僕が途中で投げ出さないようにするためにはブログを書くという事を強制しないようにすることが必要です。

 

その為に、「自分の気になったニュースしか記事にしない。」というところに注意して更新をしました。

 

 

1ヵ月やってみて気が付いたこと

運が良かった

運良く数少ない自分の興味ある事柄の情報が、運良く最新として自分に入ってきてくれました。

 

それが数回あっただけでもう奇跡すぎ

 

トレント記事をまとめるとなると、最新の情報が誰かに記事にされる前に自分に入ってくることが最重要です。

 

自分が検索する立場になると分かると思いますが、トレンドニュースを検索するときって良く言っても検索結果の1ページ目くらいしか見ないですよね。

 

もっと言うと、1ページ目の3番目くらいまでしか見ないです。

 

なので、誰よりも早く記事にしないといけません

 

トレンドだけだと今後確実に終わる

1ヵ月やってみて思ったのがトレンドまとめは割に合わないということです。(あくまで僕にはです。)

 

毎日アンテナを張り巡らせて、しかも自分の興味のあるやつしか記事に出来ない。

 

そして、奇跡的に誰よりも早く情報をキャッチできて、奇跡的に検索結果が上位になるように記事を投稿できた。

 

・・・そんな奇跡が続いてやっとの事でPVが伸びてもそれは本当に一過性のも。

 

トレンドでブログに来てくれた人はほぼ二度と訪れてはくれません

 

皆さん、記事に興味があるのであって、僕に興味があるわけではないのです。

 

PVが伸びるのは良くて3日間。

 

それが過ぎたらまた奇跡奇跡の連続を起こさなきゃなりません。

 

すごく・・・疲れます・・・

 

ていうか皆さんすご過ぎじゃね?!

上でも書きましたが、「1日○○万PVいった!」とか「先月の収益××十万だった。」とか、つぶやく人は本当にたくさん見かけます。

 

その他にも「月50記事更新」とか「1記事4000字はあたりまえ」とか「書くことありすぎて3000字程度じゃ纏まらない」とかつぶやく人も結構います。

 

改めて、皆さん神なのかな?アフィリエイトの申し子ですか?

 

・・・いや、自分が無能すぎるだけか。

 

 

まとめ

つらつらと書いてきましたが、現時点で思うことは「近いうちに挫折するなこれは。笑」です。

 

上で書いたようにトレンドは自分に合ってない気しかしません。

 

早くもやりたくない気持ちでいっぱいになってきています。

 

今は他にすることが無いのでやってるという感じです。

 

方向転換したいけど、人より知識があることは1つもありません。

 

そもそもアフィリエイト自体にも向いていないような気がします。

 

SEOやらブログデザインやら先人方のツイートを見ていると意味が分からない言葉で溢れかえっています。

 

それくらいブログやネットの「知識」が無いゴミです。

 

しかしめんどくさがりなので、意味を調べたり解決したりしようとする意欲がわきません。

 

無能ですねー。

 

本当にゴミクズ人間ですね!

 

完全に詰んでますね!

 

来月の報告はもう危ういわ。笑

 

 

最後に

こんな精神異常者のゴミクズですが、Amazonでほしい物リストを作成しました。

 

www.amazon.co.jp

 

送っていただけると非常にうれしいです。(もうすぐ誕生日・・・)

 

よろしくお願いします。

 

・・・ここまで読んでいただき、ありがとうございました。