読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病元公務員のニートな毎日

2月までの記事はうつ病で精神錯乱しているゴミカス異常者(私)のゴミ記事なので閲覧注意。

【アナザースカイ】EXILE USAさんはキューバが第二の故郷【ダンスアース・DANCE EARTH】

テレビ ダンス アナザースカイ USA(EXILE)

2017年3月17日放送内容追記

 

f:id:kindamu:20170317194809p:plain

引用元:http://www.dance-earth.com/

 

2017年3月17日(金)放送のアナザースカイは、日本のダンス&ボーカルグループEXILEのUSAさんが出演されます。

 

今や日本を代表するグループとなったEXILEの設立当初からのメンバーであるUSAさん。

 

そんなUSAさんの今までの経歴や第二の故郷である中南米の国、キューバで盛んなダンス、放送内容についてまとめてみました。

f:id:kindamu:20170302160725p:plain

 

 

 

プロフィール・経歴

 

f:id:kindamu:20170317195404j:plain

引用元:https://twitter.com/usa_fromexile

 

 

宇佐美 吉啓(うさみ よしひろ、別名:ÜSA、1977年2月2日 - )は、日本のダンサー。EXILEのメンバーで元パフォーマー、DANCE EARTH PARTYのメンバー。元J Soul Brothers、元RATHER UNIQUE。
神奈川県横浜市出身。身長177cm。

 


USAさんは実力はプロレベルとまで言われるほどのダンス好きで通称「ファンキーサミー」と言われていたお父さんと、これまたダンスと音楽が大好きなお母さんという両親のもとで育ちました。

 

中学生のときに、当時流行したMCハマーやEXILEのリーダーでもあるHIROさんが所属していたZOOのストリートダンスをみてダンスに興味を持ちました。

 

その後、高校生になってから本格的にダンスに打ち込みました。ダンスコンテストなども多数出場したりし、後に同じく初期EXILEメンバーとなるMAKIDAIさんMATSUさんと出会ってチームを組み、高校卒業後プロダンサーを目指すことになります

 

f:id:kindamu:20170317202114j:plain

 

卒業後はアルバイトをしてお金を貯め、MAKIDAIさんMATSUさんと共に3人でダンスの本場ニューヨークに渡米します。しかし、途中で資金が尽きてしまい僅か6週間ほどで帰国することになります。

 

帰国後、MAKIDAIさん、MATSUさんとダンスチームBABY NAILを結成し、その活動がHIROさんの目に留まり、共に活動していくこととなります。


・1994年、MATSU、MAKIDAIと共にダンスチームBABY NAILを結成。

 

・1998年、ダンスチームJapanese Soul Brothersに加入。

 

・1999年、J Soul Brothersに加入し、10月20日にシングル「J Soul Brothers」でデビュー。

 

・2001年8月24日、J Soul Brothers からEXILEに改名し、9月27日にシングル「Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜」で再デビュー。

 

・2004年、RATHER UNIQUEを結成する。

 

・2006年6月、舞台『THE面接』で俳優デビュー。

 

・2006年、ダンスプロジェクトDANCE EARTHを始動する。

 

・2015年4月29日、名前の表記をUSAからÜSAに変換した。6月22日、松本利夫、MAKIDAIと共に年内をもってEXILEのパフォーマーを引退することを発表。12月31日、TBS系『CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ 2015→2016』がEXILEのパフォーマーとしての最後のステージとなった。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E%E5%90%89%E5%95%93


今回USAさんのアナザースカイと聞いて、僕は真っ先にニューヨークを思い浮かべたのですが、違ったみたいですね。

 

キューバにはニューヨークとはまた違ったダンスアースならではの思いがあるのだと思います。

 

ちなみに、2014年3月28日にMAKIDAIさんがアナザースカイに出演したときにニューヨークを第二の故郷としていました

 

 

ダンスアース(DANCE EARTH)

”ダンスでアースをハッピーに”をコンセプトとして、2006年から活動されているUSAさん企画のダンスプロジェクトです。

 

世界中のダンスを踊ってみたいというダンサー的想いから始まったこのプロジェクトは、旅をしながらダンスを通じて、国境も世代も越えて色々な人々と出会い、つながっていくということを目的として活動をされています。

 

f:id:kindamu:20170317195812j:plain

引用元:https://www.instagram.com/exileusa_danceearth/


上の画像のようにダンスを通じて異国の人たちとコミュニケーションをとっているようです。

 

キューバとダンスアース

実はキューバは2006年にダンスアースの活動を始めて最初に訪れた国だそうです。

 

USAさんが始めてキューバを訪れたときに、いきなりビートボックスを奏でながら路上でダンスセッションが始まったそうです。

 

その時のダンスだけでこんなに異国の人たちとつながりができるんだと思い、この興奮と衝撃が忘れられず、ダンスアースの活動を始めたそうです。

 

こんなきっかけがあったんですね。

 

最近では、ダンスアースの思いを日本中に伝えるためのグループ「DANCE EARTH PARTY」が2015年に結成されました。

 

そして2017年2月にはダンスアースの活動を通じて得た世界中の様々な音楽ジャンルを取り入れたファーストアルバム「Ⅰ」がリリースされています。

 

世界中の音楽に触れてみたい方は是非聞いてみることおすすめします。

 

avex.jp

 

 

ダンスアースの原点・キューバって?

キューバはカリブ海にあるラテンアメリカの国です。

 

革命広場なんかが有名ですね。

f:id:kindamu:20170317200142j:plain

 

しかし今回は、ダンスプロジェクト”ダンスアース”の原点ということで、ダンスがキーワードとなります。

 

そこで調べてみたところ、キューバには様々なダンスの種類があることが分かりました。

 

・SALSA(サルサ)

・SON (ソン)

・RUMBA(ルンバ)

・CHACHACHA(チャチャチャ)

・MAMBO(マンボ)

・DANZON(ダンソン)

・SANTERIA(サンテリア)

・CABARET(キャバレーダンス)

・RUEDA DE CASINO(ルエダ)

・BOLERO(ボレロ)

 

・・・めちゃくちゃありますね。

 

中には聞いたことのあるものもありますし、これならダンスアースの原点と言われるのも納得できるのではないでしょうか。

 

ルンバ(キューバダンス) 

元々は、キューバにつれてこられた黒人奴隷達から発祥したダンスで、休日、誕生日、結婚式など様々なパーティで踊られているそうです。

 

最近では「アフロ・キューバンダンス」とも言われています。

 

youtu.be

 

今回のアナザースカイでUSAさんは当時お世話になった伝説のルンバチームと再開したり、キューバ人とルンバを楽しんだりすると紹介されています。

 

USAさんとルンバにどのような繋がりがあるのか楽しみですね。

 

 

放送内容

キューバに初めて来た印象は音楽があふれている街だった。

 

社会主義国家と言われて暗いイメージだったけど、とても陽気な街だった。

 

どこで踊っていても嫌な顔されない、いたるところで音楽があふれていてまさに自分にとって夢の街。

 

 


前回葉巻工場に行った時は撮影禁止で入ることは出来なかった。

 

今回初めて100年以上キュー版シガーの香りを守り続けている工場で見学&葉巻作り体験。

 

全て手作業で失敗しても笑いが起きるくらい陽気なところ。

 

キューバに着てから葉巻を好きになり、現在もたまにリラックスしたいときは日本でも吸う。

 

キューバと言えばラム。

 

キューバのラムは甘い香りでキャラメルのような、甘口の日本酒のような感じ。

 

USAさんはテキーラを飲んだときが一番踊れるようで、「地球上で一番踊れるお酒」と呼んでいる。

 

調子がいいときは一本テキーラを空ける。

 

 


EXILEの第一章で2006年にボーカルが1人脱退したとき、一人一人が自分でしっかりと立てるようになるべきだと話し合った。

 

これからどうしていくか、どうしていきたいか自分自身に問いかけ、自分の個性を探した。

 

 「1人で何が出来るんだろう。」

「ダンスが大好き。」

「世界中で色々なダンスに触れてみたい。」

 


ずっとアメリカのHIPHOPを今までやってきたが、新しい踊りに出会いたいと思い当時アメリカとあまり国交のない国であるキューバへ訪れた。

 

ヨルバアンダボ(ラテングラミー賞にも輝いた世界最高峰のルンバダンスグループ)と出会うリーダーの家に招かれる。

 

オーディションのような感じでメンバーの前で踊ると、だんだん意気投合し、ステージに出演した。

 

そこで「言葉が分からなくても踊ればつながれる」と思った。

 

彼らと出会い自分の夢を見つけ、もっともっと世界中にあふれる音楽と出会いたいと思うようになった。

 

 


ダンスアースのプロジェクトで10年余りで15カ国以上で踊り、その土地でのリズムを自分で感じながら吸収した。

 

1つの国を旅すれば、自分のダンスもマインドも変わる。

 

どこの国もどこの民族も自分たちのダンスに誇りを持っているところに感動した。

 

 


2012年にキューバでカストロ議長に日本のお土産を渡すことになった。

 

カストロ議長に踊ってみろと言われたが、ものすごいしょぼい踊りしか出来なかった。

自信を持って見せれる自分の踊りが見せれなかったときに、日本の踊りを何も知らないことに気付いた。

 

もっと自分の国の踊りを知りたいと思い、2013年に日本中のお祭を15箇所くらい回った。


日本には八百万の神の数だけお祭りや踊りがある。

 

もしかしたら世界一踊る国なんじゃないかと感じるくらい多い。


自分も新しい踊りを生み出したいと思った。

 

 「踊りさえあれば世界中の人たちとつながれると信じている。」

「ダンスは世界共通言語。」

 


USAさんにとってキューバとは?

 

自分のダンス人生に革命を起こしてくれた場所。

 

以上。

 

 

USAさんがダンスを披露する場面がいくつかあったのですが、やっぱりダンスは見てもらわなきゃ駄目ですね。

 

文章だと表現しきれませんでした。

 

どこかで動画を見つけたら是非見て欲しいです。

 

僕も動画を見つけたらここで紹介したいと思います。

 

 

管理人から

EXILE初期メンバーの中でも随一のダンスセンスを持つといわれていたUSAさん。

 

ダンサーズアンセムを見てUSAさんのダンスを真似していた記憶が蘇りました。

 

僕もダンスが趣味なのですが、確かに重度のコミュ障な僕でもダンスは人との繋がりを生みだすツールだと思います

 

USAさんの活動はダンス好き旅好きの僕からしたらとても尊敬できる活動で、あこがれてしまいます!

 

社会貢献も考えているダンスアースの今後の活動も目が離せません。

f:id:kindamu:20170317201740p:plain